麻雀上達への道筋(ロードマップ)

 Check    はてなブックマーク


   

[2012/03/01 ページ更新]    ↑ クリックでページを移動できます

  「麻雀を始めたいんですけど、どうしたら良いですか?」「どうやったら、麻雀が強くなりますか?」  という質問をよく頂くので、僕が思う「麻雀上達への道筋(ロードマップ)」をお伝えします。

基本編

基本編1

  麻雀は、覚えることがやや多いですが、基本的なルールはそれほど多くありません。

ルールも役も、実践でよく出るものは限られているので、まずは重要なものだけを覚えましょう。細かい所は、「徐々に覚えていけばオッケー」と気楽に考えましょう。麻雀ゲームをやりながら覚えるのが一番効率が良いと思います。

◆ 当サイトでも、上のナビゲーションにある「麻雀のルール」コーナーで初歩から解説しています。「麻雀の役」コーナーでは、まっさきに覚えたい頻出役ベスト10も公開しています。

  • アカギ 入門の闘牌
  • はじめてでもたのしめるかんたんマスター麻雀
  • マンガでわかる! 東大式麻雀入門

入門書も一冊は持っておきましょう。これらの本はカラーやイラストが多く、分かりやすいのでお薦めですよ。慣れててきたら、ぜひ友達とリアル麻雀を楽しんで欲しいですね。

基本編2

  初めは「テンパイしたら即リーチ」「全ツッパ(守備を全然考えない事)」でも良いと思いますが、それだと強い人には勝てません。攻め・守り・状況判断(場の状況・点棒状況)などをバランスよく鍛えましょう。

  • 本1
  • 本2
  • 本3

ルール・役を覚えた次に読む本の分野では、井出洋介プロの本が一押しですよ。これらで、おおまかな「基本セオリー」が把握できると思いますよ。

基本編3

  初めの頃は、点数計算は覚えなくて大丈夫です。3カ月~1年程度ぐらいでしょうか、ある程度打てるようになったら点数計算を覚えましょう。(自分は3年後ぐらいに覚えました。。)

ただ、麻雀を5年・10年やっても点数計算を覚えていない人がいますが、上級者から見れば「点数計算ができない奴には、負ける気がしない」と感じているはずです。

◆ 当サイトでも、上のナビゲーションにある「麻雀の点数計算」コーナーで初歩から解説しています。日本一の解説を目指して、点数計算のコツを伝授しているので、ぜひこの機会に覚えてみてください。

点数計算ができたら一人前と言えると思います。

実践編

実践編1

  麻雀戦術書は、いろいろ出てますね。麻雀に必勝法が無いだけに、どれが良いのかと答えるのは難しいですが、下記の本はお勧めです。

打姫オバカミーコ(片山まさゆき)

麻雀虎の穴 (マイコミ麻雀文庫)

「麻雀 虎の穴」は万人にお薦めで、牌効率を中心にレベルアップが望めます。意外に感じると思いますが、漫画の「打姫オバカミーコ」も、凄く役立つ本ですよ。著者が「自分の代表作」とおっしゃる通り、麻雀の初中級者にわかりやすい戦術論に仕上がっています。ストーリーも面白く、奇跡的な作品です

実践編2

  将棋や囲碁のプロの世界では、対局後に感想戦が行われますよね。強くなるには牌譜の検証は必須だと思います。検証することで、「この場面はこう打てば良かった」などと、めきめきと上達しますよ。

天鳳やMaru-Janなどのネット麻雀ゲームでは、牌譜が残り、打ち筋などのデータも見れます。麻雀ゲームを有効活用すれば、さらなるレベルアップが望めると思いますよ。

[その他] リアルでもネットでも、強い人の対局を観戦するのもお薦めです。また、腕に自信のある方は、プロ麻雀団体等が主催する、大会に参加してみるのも良いですね。

↓ クリックでページを移動できます。


 

Page Top