麻雀を覚える5つのメリット

 Check    はてなブックマーク


   

[2015/04/15 最終更新]    ↑ クリックでページを移動できます

  将棋や囲碁だと、大局観が学べると言われますが、麻雀を覚える・楽しむことでどんなメリットがあるのでしょうか。管理人が思う「麻雀の5つのメリット」をお伝えします。

メリット

メリット1

  覚えるメリットは、なんといっても面白い点です。麻雀は、非常に奥が深い知的ゲームで、将棋や囲碁と同様に、10年・20年で究められるものでは無いので、長い間、楽しめます。有名人の方にも愛好家が多いですよね。

麻雀は間違いなく実力のゲームですが、「運」の要素が絶妙にミックスされています。短期戦であれば、初心者でも上級者に勝てるのも魅力で、初心者も楽しみやすいゲームだと思います。

じゃんりゅうもん

めったにでないアガリや、特別なアガリの役満(やくまん)も盛り上がる要素です。役満をテンパイした時のスリルやドキドキ感や、アガった時の爽快感・満足感は、本当に格別です。

メリット2

  麻雀はコミュニケーションツールとして非常に優秀です。最近はネットで楽しむ人も増えてますが、リアル麻雀だと、東南戦4回(5時間~8時間)ぐらいを楽しむ人が多いと思います。長時間「ああだこうだ」やるので、とっても親睦になるんですよね。卓を囲んだ仲というか、かなり親近感が湧きますよ。

健康麻将

麻雀というと、「徹夜」「タバコ」「お金を賭ける」というイメージがあるかもしれませんが、管理人はどれも好きではありません。最近では、管理人のように『賭けない 飲まない 吸わない』健康麻雀が好きな人も増えてきましたね。ノムさんこと、野村克也さんの言葉に『先入観は罪、固定観念は悪』がありますが、麻雀に対するマイナスイメージは、この機会に取り除いて欲しいと思います。

また、麻雀は性格がでるので「慎重な人」「粘り強い人」「気分屋な人」「豪快な人」など、打ち筋に個性がでます。野球の城島捕手は麻雀好きでも有名ですが、WBCの時に「ピッチャー全員と麻雀したい。それが一番性格が分かる」と言う発言もされてましたね^^

メリット3

  麻雀は、1つ牌を取って1つ捨てるゲームという事もあり、決断力が必要になってきます。4人がどんどん牌を捨てて行くスピード感がある中で、「牌を鳴くか、鳴かないか」などの判断も必要です。

また、「捨て牌」や「点棒状況」などが、どんどん変わっていくので、状況判断力も磨かれますね。

藤田晋の仕事学

さらに、上級者になると、相手の目線やしぐさなど、鋭い観察眼で、手の進行度などを読んでいますね。こういった要素から、サイバーエージェントの藤田社長は、著書でビジネスのセンスを磨けるという表現をされてましたよ。

メリット4

  「運」や「流れ」を否定する人もいますが、麻雀をやっていると「運」や「流れ」を感じる人が多いと思います。(ちなみに、将棋の羽生善治さんも「流れはある」と言われてますが、管理人もあると思っています。)

強運になる4つの方程式

ワタミ創業者の渡邉美樹さんも、学生時代はよく麻雀をやっていて、原理原則(確率論)を麻雀から身に付けたそうです。麻雀の基本は「確率」ですからね。「運」や「流れ」はともかく、麻雀で確率論やセオリーの大切さが学べることは間違いないと思います。

ただし、確率論だけでは、勝てません。勝つためには押し引きの判断や、勝負所の見極めが大切になってきます。

マラソン選手だと「35km地点で仕掛ける!」など勝負の駆け引きがありますが、麻雀は頭脳スポーツとも言われように、上級者を目指せば勝負勘が磨かれると思いますよ。

メリット5

  人生経験が豊富な人ほど麻雀は人生の縮図と感じるのでは無いでしょうか。麻雀を通じて下記のような、実社会で生きる知恵がいろいろ体感できると思いますよ。

人生を学ぶ1

  麻雀は、どんなゲーム?と言われたら、上級者ほど「我慢のゲーム」と答えると思います。なんといっても相手が3人いるので、単純に考えても自分があがれる確率は25%以下。我慢して我慢して、チャンスを捉えて動くようにしないと、勝てません。

人生を学ぶ2

  将棋と違って、牌を配られたスタート時点の、4人の状態が違います。最初から不平等。人生で言えば、お金持ちの家に生まれたり、端正な顔立ちだったりという所でしょうか。それは前提条件として受け入れるしかないですね。コツコツ進めて行けば、良い事もあります。

人生を学ぶ3

  作家の中谷彰宏さんは、「会社に入ったら、理不尽を覚える必要がある」と言われてますが、まさにその通り。社会人の方なら、「社会の厳しさ・理不尽さ」を実感した人も多いはず。麻雀では、"絶好の三面待ちのダブルリーチで、追っかけリーチの単騎待ちに振込む" など、理不尽とも言えることが良く起こりますよ。

人生を学ぶ4

  テニスやゴルフなどでも一緒だと思いますが、麻雀にもミスは付きものです。ミスを引きずってしまうか、気持ちを切り替えて前に進めるか。ミスをリカバリーする大事さも学べます。反省するのは勝負が終わった後で!

人生を学ぶ5

  麻雀は、なかなか自分がアガれないですが、その分、うまくいった時の喜びも大きいです。人生も思い通りいかなことばっかりですよね。まさに、麻雀は人生の縮図だと思います。

まだまだ、いろいろと人生に通じることはありますが、長くなってきたので、この辺で(笑)

  最後に一言。麻雀に初めて興味を持った人や、ちょっとしか麻雀をやってない人も、点数計算を覚えるぐらいになると、麻雀の奥深さが分かって、かなり面白くなりますよ。ちょっとやったけど、勝てないからやめた」だと、非常にもったいないと思います。

ただ、麻雀は中毒性が高いので、あんまりハマりすぎないようして注意して下さい。学校や仕事、家族、いろんな趣味などとのバランスが崩れないよう、末長く楽しんでください^^

◆ 当サイトでは、上のナビゲーションにもある「麻雀のルール」コーナーで初歩から解説しています。簡単9ステップでゼロから覚えてみて下さい。

↓ クリックでページを移動できます。


 

Page Top