四枚使いが1個の、3パターン

 Check    はてなブックマーク

  7枚待ちの最後は、四枚使いのパターンをを見て行きましょう。ただ、7枚待ちの中では、この3パターンはやや難しいですし、正直あまり実践で出ないです。これまでの16パターンをマスターして、余裕が出てきたら覚えるのが良いと思います。

7枚待ち(17/19)

5ピンを雀頭(2枚)と見れば、4ピンの【カンチャン待ち】に。5ピンをアンコ(3枚)とみれば、3・6ピンの【リャンメン待ち】になりますね。

7枚待ち(17/19)例

待ちの枚数は、最大で9枚ですね。

  ▼ 続いて…

7枚待ち(18/19)

4ピンを雀頭(2枚)と見れば、2・5ピンの【リャンメン待ち】に。4ピンをアンコ(3枚)とみれば、3・6ピンの【リャンメン待ち】になりますね。(なお、3ピンは【タンキ待ち】にもとれます。)

この形は、4枚使いをまたぐ待ちと覚えると良いと思います。

7枚待ち(18/19)例

待ちの枚数は、最大で13枚とチャンスですね。

  ▼ 最後に…

7枚待ち(19/19)

4ピンを雀頭(2枚)と見れば、2・5ピンの【リャンメン待ち】に。4ピンをアンコ(3枚)とみれば、3・6ピンの【ノベタン待ち】になりますね。

この形も、4枚使いをまたぐ待ちと覚えると良いと思います。

7枚待ち(19/19)例

待ちの枚数は、最大で13枚とチャンスですね。

結局、どれも四枚ある牌を「3枚のアンコ」と見るか、「2枚の雀頭」と見るかがポイントですね。

これで全19パターンの確認が完了です!最後に、19パターンを総復習してみましょう。

← 7枚待ち Step3    [4/5]    7枚待ち Step5→

スポンサードリンク

Page Top