三枚使いが2個の、3パターン

 Check    はてなブックマーク

  このページでは、三枚使いが2個の場合を見て行きましょう。3パターンしかなく、覚えるのもかなり簡単ですよ。

7枚待ち(14/19)

この形は、「サンドイッチ形」と呼ばれる有名な形です(アンコ2つに、はさまれているので、たしかにサンドイッチみたいですね)。

3ピンと5ピンをアンコとみれば、4ピンの【タンキ待ち】。3ピンを雀頭・5ピンをアンコと見れば、2・5ピンの【リャンメン待ち】に。5ピンを雀頭・3ピンをアンコと見れば、3・6ピンの【リャンメン待ち】になりますね。

2~6待ちのように「サンドイッチ形は、アンコの隣り~アンコの隣りの牌まで」というパターンで覚えた方が簡単ですね。

7枚待ち(14/19)例

待ちの枚数は、最大で13枚です。一つ、ポイントをあげると…

7枚待ち(14/19)例2

1や9が含まれている場合、0や10があるように考えると、パターンがそのまま使えて簡単ですよ。この考え方は、全ての多面待ちに当てはまるので覚えておきましょう。

  ▼ 続いて…

7枚待ち(15/19)

この形は、「オープンサンド形」と呼ばれる有名な形です(アンコ2つから、はみだす形からそう言われるそうです)。

3ピンと4ピンをアンコとみれば、5ピンの【タンキ待ち】。345を完成シュンツとみれば、3・4ピンの【シャンポン待ち】になりますね。4ピンを雀頭・3ピンをアンコと見れば、3・6ピンの【リャンメン待ち】になります。(3ピンを雀頭・4ピンをアンコと見れば、4ピンの【カンチャン待ち】にも見れますね。)

いろいろありますが、3~6待ちのように「オープンサンド形は、アンコ~タンキの隣の牌まで」というパターンで覚えた方が簡単ですね。

7枚待ち(15/19)例

待ちの枚数は、最大で9枚ですね。

  ▼ このページの最後は…

7枚待ち(16/19)

3ピンと7ピンをアンコとみれば、5ピンの【タンキ待ち】。3ピンを雀頭・7ピンをアンコと見れば、4ピンの【カンチャン待ち】に。7ピンを雀頭・3ピンをアンコと見れば、6ピンの【カンチャン待ち】になります。

この形も、4~6待ちのように「間にある3枚の牌」というパターンで覚えた方が簡単ですね。

7枚待ち(16/19)例

待ちの枚数は、最大で11枚ですね。

このように、三枚使い2個(ABの2つがある)の待ちは、「AB2つをアンコとして見る」・「Aが雀頭でBをアンコとして見る」・「Bが雀頭でAをアンコとして見る」という事になります。でも、あまり難しい事は考えずにパターンで覚えるのがオススメですよ。

7枚待ちの最後に、四枚使いがある3パターンを見てみましょう。

← 7枚待ち Step2    [3/5]    7枚待ち Step4→

Page Top