スジを覚えて、形に強くなろう(基本.02)

 Check    はてなブックマーク

  基本的なことですが、「スジ」を覚えておきましょう。

スジは「6本」

  麻雀の基本はリャンメン待ちですが(その理由は次のページでお伝えします)、リャンメン待ちの待ち牌の事を「スジ」と呼び、以下の6つのスジがあります。

スジ

麻雀の上達には「牌の形に強くなる事」が重要なので、6つのスジを覚えておきましょう。

複合するスジ

  下記のように「リャンメン待ち+リャンメン待ち」と複合するケースが3つあります。基本は、さっきみた6つのスジなのですが、複合した場合のスジも覚えておきましょう。

複合スジ

こういった、待ちが複合した「多面待ち」に強くなると、牌の形に強くなり、手作りにも役に立ちますよ。多面待ちコーナーの基本ページの「4枚待ち」は、マスターしておきましょう。

参考: 多面待ちコーナー 待ちの基本ページ

← 基本セオリー01    [基本セオリー02]    基本セオリー03→

Page Top