「手作り」と「手役作り」は違う(基本.01)

 Check    はてなブックマーク

  さて、ゼロから基本的なセオリーを解説していきます。このページでは、麻雀の基本を2つ確認してみましょう。

手作り・手役作り

  まず、最初に覚えておきたいのは、「手作り」と「手役作り」は違うという事。どういう事かと言うと、まず「手役作り」とは、名前の通り…

一気通貫 (イッキツウカン・イッツー)

一気通貫 (イッキツウカン・イッツー)とは

清一色 (チンイツ)

清一色 (チンイツ)とは

こういった「役」づくりを意識することですね。もちろん、「手役作り」を上達させることは、強くなるために必須なんですが、まずは「手作り」を上達させましょう。どういうものかというと…

ストレートに

と考えておくと良いと思います。チートイツなどの例外があるものの、麻雀の基本となるのは、「いかに4メンツ1雀頭を効率よく作るか」という事です。いわゆる、牌効率と言いますが、まずは牌効率を学んでいきましょう。

麻雀が強くなる王道は、「手作り」を上達させて、その後に「手役作り」を上達させる事、と認識しておきましょう。

イーシャンテン

  次は、用語を確認しておきましょう。あと1枚あれば、あがれる状態の事をテンパイと言いますよね。下記のようなテンパイの時は、アガリに不要な牌が無く、この場合は8ソーがくればアガれる状態です。

テンパイ

  下記のように、テンパイまであと1枚の状態を、イーシャンテンと言い、よく使う用語なので覚えておきましょう。

イーシャンテン

テンパイまであと2枚だと、リャンシャンテン。テンパイまであと3枚だと、サンシャンテンという数え方をしますよ。麻雀はテンパイに向けて、いかに「手広いイーシャンテン」(テンパイしやすいイーシャンテン)を組むかも大事ですよ!

← 一覧ページへ    [基本セオリー01]    基本セオリー02→

Page Top