点棒と、流局について見てみよう(基本編 Step.07)

 Check    はてなブックマーク

  まず、実際の点棒の確認をしてみましょう。

実際の点棒

実際の点棒

こういった備品はいくつか種類がありますが、こちらは代表的なものです。しっかり覚えておきましょう。次は流局について見てみましょう。

流局した時は、「ノーテン罰符」が発生する

  あと一枚でアガれる状態をテンパイと言います。逆に、テンパイしていない状態をノーテンと言いますが、流局した時にノーテンだった人は、ノーテン罰符を払う可能性があります。

ノーテン罰符のやりとり

4人テンパイ、4人ノーテンの場合は、点棒の移動は発生しませんが、ノーテンが1人~3人の場合は、このようにノーテン罰符のやりとりがあります。

なお、通常は形式テンパイもテンパイ扱いにします。(「テンパイしているけれど、役がない状態」の事を、形式テンパイといい、ルールによっては、ノーテン扱いになる事もあります。)

また、親がテンパイしている時は親の連荘、親がノーテンの時は親が流れるルールが一般的です。このあたりは、ゲームの初めに取り決めを確認する必要があります。

ツミ棒は、1本300点の価値がある

  「今、何本場なのか?」を表す目印として、ツミ棒を使います。どういう時に、ツミ棒が増えるかというと「親の連荘」か「流局」した時です。

数え方は、一本場(いっぽんば)、二本場(にほんば)と数えますが、流局した直後は流れ二本場(ながれにぼんば)など「流れ」をつけて言うのが一般的です。

例えば、二本場の状態で流局となり、親がノーテンで親が流れた場合、「流れ三本場」として、ツミ棒が加算されます。

手積み麻雀の場合は、親が手牌の右隅に、本場の数だけ100点棒を出します。(全自動麻雀卓では、ツミ棒の数を、中央部分で表示できるので、実際に点棒を出す事は通常ありません)

ツミ棒の表示

麻雀ゲームなどでは、このように表現されます。そして、ツミ棒は点数にも影響し、アガった時にツミ棒の本数分の点数が、通常の点数に加算されます。

加算される点数
1本場 +300点
2本場 +600点
3本場 +900点
以下同様 本数分 × 300点

ツミ棒一本が300点に相当するという事を覚えておいて下さい。

場に出ている点棒を、供託点棒という

  供託点棒(きょうたくてんぼう)とは、リーチ棒など場に出されている点棒の事です。(リーチ棒とは、「リーチ」という役を宣言するときに、場に出す1,000点の事です)

リーチをかけた状態で、流局した場合は、リーチ棒がそのまま場に残る(=供託される)ことになるので覚えておきましょう。(なお、間違ってポン・チー・カンをした場合も、ペナルティとして場に1,000点出すこともあります)

供託点棒の表示

このように、麻雀ゲームでは、通常このように「供託された1,000点棒」を表現しています。

リーチ棒の1,000点だから、リーチをかけてないともらえないという事はありません。供託点棒については、アガった人がもらえるルールになります。単純なので、しっかり覚えておきましょう。

以上で、流局などのルール確認は完了です。さて、次は麻雀初心者には最難関とも言える「フリテン」について見てみましょう。重要な役である「リーチ」を知らない人は、ざっと見る程度で構いません。

ノーテン罰符について覚えておこう

← 6. ゲームの手順    [7/9]    8. フリテンとは →

Page Top