80符以上は、ほとんどでない?(実践編.02)

 Check    はてなブックマーク

  実践編コツ1で、5つのラインをご説明しましたが、今回は残りの70符・90符・110符について考えてみたいと思います。

ポイント:点数は50符までを完璧に

結論から言うと、90符・110符については、実践でほとんど出ないので「覚えなくて問題なし」です(むしろ、覚えている方が少数)。下記の円グラフを見てください。

一般的なアガリ符の割合

このように、ほとんどが50符以下で、たまに60符・70符、せいぜい80符までが、カンのあるアガリで発生するぐらいです。

まずは、50符までを覚えて、余裕が出たら70符を覚えてみてください。ちなみに、実践編コツ1で解説したように、60符は30符と同じライン、80符は40符と同じラインなので、「50符までを覚えると、60符・80符も覚えた」ようなものですね。

【70符ライン(余裕が出たら覚えよう)】

70符ライン

僕は麻雀歴15年以上で、実際の麻雀で、天和や九連宝燈など、珍しい役満も見てきましたが、110符のアガリは一度も見たことがないですよ。90符もほとんど無いです。

実質的に「90符・110符は、覚えなくて問題なし」だと思います。「でも、実践で出たらどうしよう」という方の為に、麻雀の雀龍.comのモバイルサイト(昔ながらのケータイ、いわゆるガラケー版。URLをメールで送る)に、点数計算表や点数計算ツールを公開しています。

[2012/05/11] パソコン用サイトにも、点数・点差自動計算ツールを追加しました。スマートフォンでも使えるので、ブックマークしておければ、もし90符・110符などが出ても安心ですね。

【90符・110符ライン(実質、覚えなくて問題なし)】

90符・110符ライン

大事なことは、実践でよく出る点数計算をマスターする事ですからね。あまり珍しいケースにとらわれずに、しっかりと50符まで、慣れたら70符までを正確に素早く答えられるようにして下さい。

点数は50符までを完璧に

← 実践編 [コツ1]    [2/4]    実践編[コツ3]→

Page Top