アガリ手牌を見たら、XXXかチェック(実践編.03)

 Check    はてなブックマーク

  実践編コツ1実践編コツ2では、点数早見表に関連する実践ポイントをお伝えしてきましたが、「そもそも符を数えるのを早くしたい」という方も多いのではないでしょうか。ここでは、符計算を早くするポイントをお伝えします。

点数計算問題

実は、この「魔法の問題」に答えるだけで、かなり符計算が早くなります。符計算の復習を兼ねて、一緒に考えてみましょう。符計算については、基本編で解説してますが…

符計算の公式

この4点を合計すれば良かったのでしたよね。メンゼンロンあがりで一番符が小さくなるケースを順番に見ていくと

0.『20符』 … 基本の20符は無条件にカウント。

1.『10符』 … 問題がメンゼンロンあがりなので10符カウント。

2.『最小0符』【シャンポン待ち or リャンメン待ち】なら0符。

3.『最小0符』【雀頭が役牌以外】で、【シュンツだけ】なら0符。

と、なりますね。雀頭を除く4メンツが、シュンツだけという事は、よく考えると待ちの形は、シャンポン待ちはありえずに 【必ずリャンメン待ち】である事が導きだせます。

したがって、問題のケースで、最小の符は4つを合計した『30符が正解』になり、手牌は、下記のようになります。

手牌例

ここでもう一度整理すると、問題のケースの最小符の条件は…

  1. メンゼンである事。
  2. 4メンツが全てシュンツである事。
  3. 雀頭が役牌ではないこと。
  4. 待ちの形がリャンメン待ちである事。

ですね。この条件をみて何か気付きましたでしょうか?どこかで見た事があるような…。手牌も良く見ると…

『あっ、ピンフじゃないか!』

と気付きましたでしょうか?実はチートイツを除く、メンゼンロンあがりで30符は、このピンフの形以外にはありません! これは、点数計算をスピーディーに行う為に、非常に重要なことなので絶対に覚えて下さい。

ピンフのアガリ点

ツモあがり ロンあがり
メンゼン 20符 30符

上で、見たようにピンフのロンあがりは必ず30符。ピンフのツモあがりは、特別に20符です。(麻雀で20符となるのは、ピンフツモだけです。)

ピンフ以外のアガリ点

ツモあがり ロンあがり
メンゼン 30符以上 40符以上
鳴いている 30符以上

という事は、逆にメンゼンロンあがりでピンフ以外の手だと必ず40符以上(※ チートイツのみ25符)になります。さきほど考えたようにピンフの形じゃないとどうやっても符が付いちゃいますからね。

実践ポイント:ピンフかチェック

これを知っているだけでも、大幅に符計算が楽になりますが、次ページでは、さらに符計算のコツをご紹介します。

アガリの手牌を見たら、まずピンフかどうかチェックせよ!

← 実践編[コツ2]    [3/4]    実践編[コツ4]→

Page Top