上級者向けの複雑な待ち

 Check    はてなブックマーク

※ この内容は、7枚待ちまでマスターした人向けです。

  麻雀が分かってくると「ホンイツやチンイツなど、10枚待ち以上の多面待ちのコツを教えて」という、気持ちになりますよね。

完璧になるのは、簡単とは言い切れないのですが、「だいたいOKというレベル」には、すぐになれるので、ポイントをお伝えします。

7枚待ちを探す

例を見てみると…

7枚待ちを探す例

このように、アンコやシュンツをはずして、7枚待ちを見つけると分かる場合が多いです。特に、シュンツを外した形をパッとイメージできると、多面待ちに強くなれますよ。

もう一つだけ、ポイントをあげると…

シュンツが増える

なんとなく知っていたと思いますが、意識しておくと以下のような多面待ちも簡単だと思います。

例を見てみると…

シュンツが増える例

このように、シュンツが追加された場合は、関連する待ちを確認すると良いですよ。

ただ、これで完璧かと言うとそうでもありません。。10枚待ちの独自のパターンもありますし、タンキ待ちは見逃しやすいですからね。

もし、「もっと多面待ちを究めたい」という方には、麻将連合の須藤浩プロが販売しているテキストがお薦めです。(ただし、値段がお高めですが)

1jann.com

値段は、安くないですが、「多面待ちを完璧に網羅している」のは、このテキストだけかなと。本当に全パターンが書いてありますらね。『〈基本編〉1~10枚完全パターン』と、『応用編 13枚完全パターン』がありますが、当然、僕は、両方買いました(笑)

1jann.com 多面待ち本

おかげで僕は、10枚待ちまで完璧に分かるようになり、13枚待ちも、かなり分かるようになってきました(購入後も、ある程度のトレーニングは必要です)。マニアックな内容ですが、僕のように「麻雀大好き」「もっと強くなりたい」「麻雀道を追求したい」という人には、お薦めです!

Page Top