勝間和代さんインタビュー(第12回女流モンド杯 準決勝解説)

第12回女流モンド杯(14/15)

 Check    はてなブックマーク

第12回女流モンド杯の準決勝に特別ゲスト解説として登場した、経済評論家の 勝間和代さん。「好きな麻雀プロ」「オススメの麻雀本」など、詳しくお話を伺ってますので、以下のインタビューをぜひご覧ください!(このページには、予選結果のネタバレはありません)

勝間和代さん 女流モンド杯

写真左から、勝間和代さん。実況の土屋和彦アナウンサー。解説の梶本琢程プロ。

第12回女流モンド杯(14/15) コーナートップへ戻る

勝間本「人生確率論のススメ」

著作の累計発行部数は500万部(!)を突破している、ミリオンセラー作家の勝間さん。2014年8月に発売された『人生確率論のススメ』P160~P165には、「麻雀で学ぶ人生の確率計算」というコラムも掲載されています。

※ 以下、勝間和代さんは [★勝間] と表記します。(※ )の部分は、管理人が説明を追記しています。

強くなりたくて、麻雀プロにも習い始めた

――― 勝間さんは、いろいろなTV番組に出演されてますが、この女流モンドの収録の印象はいかがですか?

[★勝間] 編集がすごく優れてるので、みやすいですよね。実況の土屋アナとか、梶本プロの解説もわかり易いですし、非常に麻雀番組として優れていると思います。

――― 結構、MONDO TVの麻雀番組、ご覧になっているんですか?

[★勝間] 麻雀を本格的に始めたのが半年前なんですよ(※ 2014年夏の取材時)。半年前に始めた時に、「とりあえずプロの打ち筋を見てみよう」と。MONDO TVの麻雀番組はいろいろDVDを買って見ました。

――― DVDを買って! それはやる気ですね。

[★勝間] 私、スカパーに入ってるんですけど、ふと見たら、「スカパーにもMONDOが入ってるじゃん!」と。最近は録画して見てます。

・・・ゴルフ仲間で麻雀をやろうという話になってやってみたら、勝負にならないぐらい強い人が一人いたんですよ。「なんで?」って聞いたら、「プロに習ってる」って言うんで、「私も教えてと。プロに教わる仲間に入れて」と言って、プロに習い始めました。

――― 最高位戦の張プロに教わっているそうですね!(※ 張敏賢プロは、最高位戦のタイトル・最高位や、竹書房の麻雀最強戦のタイトル・最強位を獲得している強豪プロ。)

[★勝間] そうです。本腰入れて、無筋とか打たなくなったのは去年の冬からで、プロにしっかり習い始めたのが今年の春からです。張プロに、凄い丁寧に教えて頂いて、理解が深まりました。

あと、市販の麻雀本は、ほとんど隅から隅まで読んだと思います。とつげき東北さんの『科学する麻雀』や、最近だと、ネマタさんの『勝つための現代麻雀技術論』が凄く良いですね!

科学する麻雀・勝つための現代麻雀技術論

――― 今年の5月には、竹書房の麻雀最強戦にもご出演されましたね。

[★勝間] 予選で、ビッグダディ、漫画家の福本伸行さん、スポーツジャーナリストの金子達仁さんと対戦しました。

確率計算の女王 勝間和代
>> 麻雀最強戦2014 著名人代表決定戦・風神編 紹介記事へ

――― 対戦前のインタビューで、「確率しか興味が無い」と仰ってましたね(笑)

[★勝間] 確率重視なんですけど、最近はちょっと「打点との兼ね合い」と「守備の確率」まで範囲をひろげて考えるようになってきました。

例えば「確率論だと待ちが狭いけど、打点が高い」ケースなどですね。その辺りのバランスを意識するようになってきました。

――― なるほど。・・・プロだと、魚谷侑未プロがお好きだとか?

[★勝間] そうなんです。魚谷プロの「リスクとリターンのバランス」が好きですね。MONDOをみてても、魚谷プロの捨てる牌と、自分の予想がだいたい一致しています。「ここはリーチをかけるかけない」とか「ここはシャンテン戻しをする」といった発想が近いんだと思います。

最近は、月1ぐらいで魚谷プロにも麻雀を教えて頂いています。

――― それはうらやましいです。ちなみに、男性プロだと、誰がお好きですか?

[★勝間] そうですねぇ、小倉孝プロとか好きですよ。(※ デジタル雀士で有名な若手プロ)

――― さすがデジタル雀士ですね(笑) ところで、勝間さんはリーチに対してはどういう考えなんでしょうか?

[★勝間] ダマと点数のバランスで考えますね。リーチをかけた瞬間に、まず半分の確率でツモれて、さらに裏ドラのる確率が2~3割あるんで、凄い得なんですよ、リーチが。

だけど、なにが問題かっていうと、満貫以上とか、ヘタすると5200以上だと、リーチかけても倍倍には増えていかないんで、アガれる確率を考えると、かえって損になっちゃうケースがあるんですよね。

――― たしかに。

[★勝間] 2ハンとか3ハンとかは、リーチをしますし、あとは「他の人からは絶対ロンあがりしたくない」、例えば三暗刻の時などは、リーチかける事が多いですね。

もちろん、なにが何でもリーチとかじゃないですよ。リーチかけた方が良いかどうかは、状況に応じて考えます。ただ、追っかけリーチはほとんどかけません。よっぽど良い時じゃないと。

――― えっ、そうなんですか?

[★勝間] 追っかけてる時点で負けてると思っているからです。データを見ると、先制リーチが7割がた勝つんで。「今リーチかけてる人から出るな」って時は、追っかけリーチかけますけど。

――― なるほど、データを重視している勝間さんらしいですね。最後に、勝間さんが考える「麻雀の面白さ」というのを教えて頂けますか?

[★勝間] なんて言ったらいいんですかねぇ。私は、基本的に数値計算が好きなんで、数独(すうどく)とかと感覚が一緒だと思います。ロジック組んで1~9がどこになるかって言う。麻雀は、数独と比べても単純さが少ないのが、魅力ですね。

対人ゲームで、友達と遊べるのも面白いですね。コミュニケーションツールとしても優秀ですし。リアルでもネットでも楽しめますし、すっかりハマってしまいました(笑)

――― 今日は、いろいろと楽しいお話ありがとうございました。11月の麻雀バトルロイヤルにも出演されるんですよね?

[★勝間] そうですね。モト冬樹さん、やくみつるさん、堀江貴文さんと同じチームで出場させて頂きます。皆さん、良かったらご覧ください!

麻雀バトルロイヤル

[※追記] 勝間さんには、麻雀バトルロイヤルの取材時にもお話を伺ってます。下記インタビューもぜひご覧下さい!

麻雀バトルロイヤル
>> 麻雀バトルロイヤル 勝間和代さんインタビュー

ちなみに、2014/05/15発売の『近代麻雀 2014年 6/15号』の「梶やんが解説してみたい麻雀」第1弾として、勝間和代さんが取り上げられています。(巻頭カラー3ページ)

近代麻雀 勝間和代

勝間さんはNTTぷららの「部活DO!【至高の麻雀部】」で、部長の土田浩翔プロと麻雀対談をされています。スマホ・タブレットユーザーの方は、こちらもぜひチェックしてみて下さい。

 部活DO!【至高の麻雀部】
>> 部活DO!【至高の麻雀部】紹介記事へ

[勝間和代さんインタビュー(第12回女流モンド杯 準決勝解説)]

第12回女流モンド杯(14/15)
>> 第12回女流モンド杯 特集コーナートップへ

女流モンド杯 予選第1戦対局
>> (1/3) 魚谷侑未・安田麻里菜・和久津晶・宮内こずえ プロの意気込み等

女流モンド杯 予選第2戦対局
>> (2/3) 和泉由希子・愛内よしえ・二階堂瑠美・二階堂亜樹 プロの意気込み等

女流モンド杯 予選第3戦対局
>> (3/3) 水瀬千尋・黒沢咲・水城恵利・高宮まり プロの意気込み等

女流モンド杯 準決勝進出者まとめ
>> 準決勝進出者まとめ(※ネタバレあり)

女流モンド杯 決勝進出者まとめ
>> 決勝進出者まとめ(※ネタバレあり)

Page Top