リャンカンと、牌の連続性(基本.06)

 Check    はてなブックマーク

  次は、リャンカンを確認してみましょう。

リャンカン

  麻雀の基本、リャンメン待ちの受け入れは2種8枚ですが、今回紹介するリャンカンも、2種8枚の受け入れ枚数があります。(カンチャンが2つあるので、リャンカンですね。)

リャンカン

リャンメンは2枚で「2種8枚」、リャンカンは3枚で「2種8枚」なので、リャンメンのほうが有利ですが、受け入れの広い、リャンカンは非常に大事な形です。しっかり覚えておきましょう。

牌の連続性

  リャンカンは、下記のように【4つトビ】の牌をリャンカンの素材として意識するのがポイントです。

4つトビ

このように麻雀は、単独の受け入れ枚数だけでなく、牌の連続性を意識することが大事です。牌の連続性について、別のケースで見てみると…

スジの牌

これも、実践でよく出るので覚えておきましょう。

※ 現在、コンテンツはここまでです。「早く、次を作って欲しい」など、ご要望などがあれば、お問い合わせページブログコメント等で、お気軽にメッセージを下さい~。

多数のご要望が集まった頃に、続きを公開させて頂く予定です^^

← 基本セオリー05    [基本セオリー06]    現在ここまでです。

Page Top