ダブロンや、同時のチー・ポンは?(実践編 Step.01)

 Check    はてなブックマーク

  2人同時のロン、ポンとチーが同時の場合など、同時発声のルールをチェックしてみましょう。

ダブロン無しルールなら頭ハネとなる

  1つの捨て牌で、2人が同時にロンと宣言した状態をダブロンといいます。ダブロンありルールの場合は、2人ともアガリが成立し、放縦した人が2人に支払う事になります(大ショック…)。では、ダブロンなしルールだと、以下のアガリはどちらのアガリとなるでしょう?

2人あがり(ダブロン)は、どっちのアガリ?

この例では、自分のロンと同時に、上家(カミチャ)がロンといってますね。 この場合、残念ながら頭ハネと言って上家が優先されるので、上家のアガリとなります。上家取りともいいます。

振り込んだ人から数えて、ツモ順が近い人(振り込んだ人の右側にいる人)ほどアガリが優先される訳ですね。

【2人あがりの優先順位】

※ なお、3人が同時にロンという、トリプルロンは、次のページで説明する途中流局となるのが一般的です。

チー・ポンの優先順位

  チーとポンが同時に発声された場合も、優先順位が決まっていて、メンツを揃えるのが難しい方の、ポンが優先と決まっています。同様にチーとカンでは、カンが優先です。(ポンとカンが同時になることは無いですね)

ただし、あくまで同時発声の場合のみですので、明らかにチーの方が早いときはチーが優先されます。

チーをする時は、次が自分のツモ番となり、鳴くタイミングを焦る必要は無いので、「チーはポンが無い事を確認してから鳴く」(チーは、ワンテンポ置く)のが、マナーとされています。

← 実践編の一覧へ    [1/6]    2. 途中流局ルール →

Page Top