槍槓 (チャンカン)

 Check    はてなブックマーク

槍槓 (チャンカン)とは

チャンカン




  相手が加カンした牌であがると、鳴いていても成立します。形はなんでもOKです。(加カンとはポンをしている牌にもう1枚加えてするカンの事)

  事前の取り決め次第ですが、チャンカンはカンが成立していないとみなされる為、カンドラはめくらず一発とは複合するルールが主流です。

また、国士無双の時のみ暗カン時のチャンカンを認めるローカルルールもあります。

チャンカン2

既に、3枚はポンされている牌でのあがりの為、あがればラッキーな場合が多いです。

チャンカン3

他に役がなくても、チャンカンのみで、あがれます。

チャンカン4

役満でチャンカンがありうるのは、特殊役の国士無双のみですね。

  偶然役なので、実践ではあまり見かけません。「チャンカンが付けばラッキー」ぐらいに思っておきましょう。

  チャンカンであがれるケースになると『カンしてくれー』とウズウズします(笑)。あせって、カンと宣言した直後にロンといわないように。加カンではなく、別の牌で暗カンかもしれませんよ。

←[10 リンシャンカイホー]  正式役(11/38)  [12 三色同順]→

Page Top