四槓子 (スーカンツ)

 Check    はてなブックマーク

四槓子 (スーカンツ)とは

スーカンツ




  カンツが4組あると成立します。アンカンなど、カンの種類は問いません。必ず、タンキ待ちになります。

  ・四槓流れ(カンが4回発生した時に流局)採用時も、1人のプレーヤーが4回カンした時は適用されません。また、四槓子が完成して単騎待ちになっている状態だと、他家は5回目となるカンはできません。(5回目のカンを認め、5回目に途中流局とさせるルールもあります)

  ・三槓子が確定している時に、ミンカンさせると責任払い(パオ)を採用しているローカルというルールもあります。

スーカンツ2

三カンツでも珍しいですが、カンを4つ作るのは難しいです。

スーカンツ3

四つカンをしても、待ちは必ずタンキ待ちになり、アガリも難しいです。

スーカンツ4

アンカン・大ミンカン・加カン。カンの種類は問いません。

  麻雀役の中で間違いなく一番難しい役です。三槓子も難しいですが、さらに四槓子となると、もの凄い難易度です。

  アガると伝説になれます。が、アガった人は実在するようですね。狙わないとできない役満ですが、狙う価値があるかどうか…。

←[37 九連ポートー]  正式役(38/38)  

Page Top