役の複合について覚えておこう

 Check    はてなブックマーク

  次の手牌であがると、「メン・タン・ピン・ツモ・三色、6ハンで跳満!」となりますが、いろいろな役が組み合わさってますよね。これを役の複合といいます。(「メン」はリーチの意味です。)

手牌1

役はいろいろありますが、「複合するケース」「複合しないケース」などがあるので、いろいろと見て行きましょう。

下位役と上位役は、複合しない

  上位役とは下位役の成立条件を含んでいる役のことです。言葉だと、わかりづらいですが、かなり単純です。下記の5つあります。

1.リーチ(下位役)とダブルリーチ(上位役)は複合しない。

立直(リーチ)

立直(リーチ)とは

ダブルリーチ (ダブリー)

ダブルリーチ (ダブリー)とは

2.イーペーコー(下位役)とリャンペーコー(上位役)は複合しない。

一盃口 (イーペーコー)

一盃口 (イーペーコー) とは

二盃口 (リャンペーコー)

二盃口 (リャンペーコー)とは

3.ホンイツ(下位役)とチンイツ(上位役)は複合しない。

混一色 (ホンイツ)

混一色 (ホンイツ)とは

清一色 (チンイツ)

清一色 (チンイツ)とは

4.チャンタ(下位役)と純チャン(上位役)は複合しない。

混全帯ヤオ九 (チャンタ)

混全帯ヤオ九 (チャンタ)とは

純チャン (ジュンチャン)

純チャン (ジュンチャン)とは

5.チャンタ(下位役)とホンロー(上位役)は複合しない。

混全帯ヤオ九 (チャンタ)

混全帯ヤオ九 (チャンタ)とは

混老頭 (ホンロー)

混老頭 (ホンロー)とは

1~4番目は分かりやすいと思いますが、5番目のチャンタとホンローが複合しない点は、注意が必要ですね。

トイツ系とシュンツ系は複合せず、常に高い方

  牌の組み合わせには、同じ牌が複数の、222など縦に伸びたトイツ系と、234など手牌が横に伸びたシュンツ系があります。

麻雀のアガリの形は常に「どれか一つ」となり、トイツ系で役を付けて、シュンツ系でさらに役を付けることはできません。そして、麻雀には高点法の原則があり、必ず最終的に高い手で判断されます。

3つの例を見て、理解を深めてみましょう。

例1. チートイツにも、リャンペーコーにも取れる場合

リャンペーコーかチートイツ例

トイツ系のチートイツと、メンツ系のリャンペーコーは複合しません。例えば3萬を、同じ牌2枚のトイツと見るか、345萬のシュンツが2つと見るかは、どちらかにしなければいけません。子のロンあがりの場合、チートイツと取ると二ハン25符で1,600点。リャンペーコーで取ると三ハン40符で5,200点ですが、必ず高いほうのリャンペーコーになります。

例2. サンアンコーにも、純チャンにも取れる場合

ピンフか三色同順例

これも、「1ピンをコーツと見るか、123ピンのシュンツ3つと見るか、どちらか一つ」という風に、トイツ系か、シュンツ系でどちらかにしなければなりません。この場合は、「ツモ・サンアンコー(計3ハン)」とも、「ツモ・ピンフ・ジュンチャン・イーペーコー(計6ハン)」とも取れますが、必ず高い方の後者で取ります。

例3. シュンツ系同士でも、常に高い方にとる

ピンフか三色同順例

これは、どちらもシュンツ系ですが、高点法の原則の例です。子のロンあがりだった場合、2ピンを雀頭にしてタンヤオ・ピンフ・イーペーコーと取ると、三ハン30符で3,900点。

5ピンを雀頭にしてタンヤオ・サンショク・イーペーコーと取ると、四ハン40符で満貫の8,000点になり、必ず高い方のこちらになります。

いろいろありますが、「アガリのメンツ構成はどれか一つとなり、点数の一番高いものにする」と言うことでシンプルですね。

参考: [点数計算コーナー] 高点法の原則ページ

役満は、基本的には複合しない

  役満の場合は、基本的に「役は複合しない」と考えておきましょう。

大三元 (ダイサンゲン)

大三元 (ダイサンゲン)とは

例えば、大三元であがった時も、「ロン!リーチ・一発・大三元・ドラ3」などとは言わずに、点数は変わらないので、「ロン!大三元」というのが一般的です。

役満の場合、通常の役と複合したり、ドラがあっても意味が無いとも言えますね。

本来は役満同士も複合する事はなく、ダブル役満、トリプル役満というのは無いのが正式ルールです。ただ、麻雀ゲームなどでは、下記のような役満同士の複合は認めるルールが一般的です。

例1. 大三元・字一色のダブル役満

大三元・字一色

例2. 大四喜・字一色のダブル役満

大四喜・字一色

盛り上がるので、この例のように役満同士の複合は、認めてもいいと思います。(ただ、四暗刻タンキ待ちでダブル役満など、一つの役満でダブル役満になるローカルルールは、本来の意味からはずれているので、あまりお薦めはしません)

← 2. 重要役ベスト10    [3/4]    4. ありありとは? →

Page Top