三枚使いが0個の、3パターン

 Check    はてなブックマーク

  では、7枚待ちを見て行きましょう。このページで紹介する、3種類は、非常によく出るので、まっさきに覚えておきましょう。

7枚待ち(01/19)

これは本当によく出ます。3種類の待ちがある事を3メンチャンと呼び、いろんなパターンがありますが、3メンチャンの代表は、この形です。【リャンメン待ち】+【リャンメン待ち】の形ですね。

7枚待ち(01/19)例

待ちの枚数は、最大で11枚もあります。(もちろん、捨て牌に並んでいたり、他家に使われていたら、実質的な枚数は減りますよ)

※ リャンメンの待ち牌を「スジ」といいます。「スジ」の基本が分からない方は、下記のページで確認してみてください。

参考: 麻雀の戦略コーナー「スジを覚えて、形に強くなろう」

  ▼ 続いて、2番目のパターンは…

7枚待ち(02/19)

ノベタンの発展形。【タンキ待ち】+【タンキ待ち】+【タンキ待ち】の形ですね。これもよく出る形です。これ自体をノベタンと言うこともあります。

7枚待ち(02/19)例

待ちの枚数は、最大で9枚ですね。

  ▼ 続いて、3番目のパターンは…

7枚待ち(03/19)

【ノベタン待ち】+【リャンメン待ち】の形ですね。これもよく出ますよ。下記の3455678のように、【リャンメン待ち】+【ノベタン待ち】)も同じ意味合いですね。

7枚待ち(03/19)例

待ちの枚数は、最大で9枚。この待ちは、ピンフの時は、注意が必要です。

7枚待ち(03/19)例2

と、アガリ牌によって、ピンフが付いたり付かなかったりする訳ですね。慣れれば簡単ですが、覚えておきましょう。

参考: 役の解説 ピンフついて

以上の3パターンは、本当に良くでるので、必ずマスターして下さいね。次は、三枚使いが1つの10パターンを見てみましょう。これが分かれば、多面待ちは怖くないですよ。

← 7枚待ち 一覧へ    [1/5]    7枚待ち Step2→

Page Top