堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子!

【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子!

 このエントリーをはてなブックマークに追加  Check  

[更新日:2015/10/20、公開日:2015/04/20]

2015/4/11(土)、東京の麻雀店で 豪華なプライベート麻雀大会 が開催されるとの噂を聞きつけ、取材に伺ってきました! これまで、麻雀にご興味なかった方も、以下の大会Report記事をぜひご覧下さい。

著名人4名の豪華エキシビジョンマッチが実現!

7卓28名で行われた麻雀大会。エキシビジョンマッチでは、ご参加著名人の、堀江貴文(ホリエモン)さん、勝間和代さん、津田大介さん、西原理恵子さんが対戦するという豪華な組み合わせも実現!

  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子

↑ 左右への画面スワイプでも切り替え可

われめDEタカポン」という大会名でしたが、われめルールは無し。もちろんお金は賭けない、ノーレートの競技麻雀大会。楽しみながらも、真剣対局が繰り広げられました。

著名人の皆様に、貴重すぎるサインも頂きました!

堀江貴文(ホリエモン)・勝間和代・津田大介・西原理恵子サイン
↑ クリック(タップ)で拡大できます

大会の開催経緯は、勝間さんのメルマガに記載されています(→ バックナンバーが勝間さんの公式サイトで読めます)。以下、まずは著名人の皆様を、お一人ずつご紹介します。オススメ本なども取り上げています。

[1] 実業家・堀江貴文(ほりえたかふみ)ホリエモン雀士!

  • 麻雀・堀江貴文(ほりえたかふみ)ホリエモン雀士
  • 麻雀・堀江貴文(ほりえたかふみ)ホリエモン雀士
  • 麻雀・堀江貴文(ほりえたかふみ)ホリエモン雀士
  • 麻雀・堀江貴文(ほりえたかふみ)ホリエモン雀士
  • 麻雀・堀江貴文(ほりえたかふみ)ホリエモン雀士

↑ 左右への画面スワイプでも切り替え可

堀江さんが麻雀好きというのは、麻雀ファンの間では比較的有名です。雑誌の近代麻雀で『ホリエ戦記 ホリエモン闘牌録』という漫画が連載されたこともありますし、2014年11月には『麻雀最強戦 エキシビジョンマッチ 日本トップ経営者頂上決戦』と『MONDO TV 麻雀 BATTLE ROYAL 2015』にも出場されています。

麻雀最強戦 エキシビジョンマッチ 日本トップ経営者頂上決戦
>> Amazonで『日本トップ経営者頂上決戦』DVDを確認

バトルロイヤルチーム
>> 『麻雀 BATTLE ROYAL 2015』特集記事へ
(勝間さんもご出演)

堀江さんと言えば、サイバーエージェント藤田晋社長(現・麻雀最強位)と、長年交流がある事でも知られてますね。管理人(@Jan_Ryu)も、お二人の著書は計10冊以上読んでいます。

堀江貴文「我が闘争」 藤田晋「起業家」

堀江さんの自叙伝である『我が闘争』については、Colors 経沢香保子社長のBlogを参考にして頂くとして・・・

藤田社長の著書『起業家』にはこんな記述があります。

堀江さんは20代半ばに初めて出会った頃から、ネットの世界に止まらず、宇宙開発に関心を持ち、政治や社会、サイエンスに至るまで幅広く精通していて、とても広い視野の持ち主です。

頭の回転も速く、私は今まで堀江さんより頭が良い人に会ったことがない気がします。(『起業家』P135)

あの藤田社長がここまで仰るとは、スゴイですね。ご存じの方も多いと思いますが、堀江さんと藤田さんは、50:50の共同出資で、755(ナナゴーゴー)という新世代トークアプリ事業を行われています。

麻雀番組の解説でおなじみの 梶本琢程プロなど、麻雀業界関係者も755をやっている方が増えてきました。自分も最近755を始めてますので、良かったらチェックしてみて下さい。

まだ慣れませんが、755は「LINEとTwitterの良いとこどり」のサービスといった印象を受けました。

なお、堀江さんの著書で個人的なイチオシは、『君がオヤジになる前に』。巻末には、『アカギ』『カイジ』などで知られる漫画家の 福本伸行先生との対談も収録されています!

堀江貴文「君がオヤジになる前に」「福本伸行 人生を逆転する名言集 F」

また『福本伸行 人生を逆転する名言集 F』にも、堀江さん・福本先生の対談と、麻雀の特別対局の特集ページがあって、あわせてオススメです。

[2] 経済評論家・勝間和代(かつまかずよ)プロ雀士!

  • 麻雀・勝間和代(かつまかずよ)プロ雀士
  • 麻雀・勝間和代(かつまかずよ)プロ雀士
  • 麻雀・勝間和代(かつまかずよ)プロ雀士
  • 麻雀・勝間和代(かつまかずよ)プロ雀士
  • 麻雀・勝間和代(かつまかずよ)プロ雀士

↑ 左右への画面スワイプでも切り替え可

続いて、勝間和代さん。勝間さんは、今年2015年に、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格した際に、ヤフーのトップニュースに掲載されるなど、大きな話題となりました。別途、週プレNEWSなどでも記事にもなっていますが、麻雀プロとして本格的に活動されています。

ご本人が、「話題作りではなく、ガチ」と語るように、真摯に麻雀に取り組む姿は、藤田社長と共に、麻雀業界関係者や麻雀ファンからの評価が高い印象。

勝間さんは、ニコニコ生放送の麻雀専門チャンネル・スリアロチャンネルにて、ベテランプロや、豪華著名人が出場される「スリアロトーナメント2015前期」にも出場されています。

スリアロトーナメント後期
>> 『スリアロトーナメント2015前期』 特集ページへ

自分は、ビジネス書をこれまで1,000冊以上読んでいて、ビジネス書大賞2015の審査にも携わっているんですが、2007年ぐらいから勝間さんの本も20冊以上読んでいます。

お薦め本は多々ありますが、西原理恵子さんが表紙のイラストを描いている、『「有名人になる」ということ』は、かなり面白い本だと思います。

「有名人になる」ということ 勝間和代(著)
>> Amazonで『「有名人になる」ということ』を確認

それから、僕が取材で感じたことは、下記の動画(12秒)のように勝間さんも、堀江さんも麻雀中によく喋る!という事。

僕の場合は、話しながら麻雀をやると、麻雀がおろそかになってしまうんで、なかなか話せないですけど、頭の回転がめちゃくちゃ速い、勝間さんと堀江さんだからこそ、あれだけ話せるのかなと。あとは、せっかくの機会を最大限楽しみたいという想いが強いのかなと感じました。

[3] メディア アクティビスト・津田大介(つだだいすけ)金髪雀士!

  • 麻雀・津田大介(つだだいすけ)雀士
  • 麻雀・津田大介(つだだいすけ)雀士
  • 麻雀・津田大介(つだだいすけ)雀士
  • 麻雀・津田大介(つだだいすけ)雀士
  • 麻雀・津田大介(つだだいすけ)雀士

↑ 左右への画面スワイプでも切り替え可

続いて、津田大介さん。津田さんは、ネットに詳しい人には、めちゃくちゃ有名人なんですが、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。一言でいうと、「金髪の池上彰さん」だと思っておけば、概ね間違いないかなと。「みんなのニュース」「日本にプラス」などTV番組にも多数ご出演されています。

選挙や原発問題など、政治的な情報も数多く発信されています。僕も、2009年頃に「Tsudaる」という言葉が流行った頃から注目していた方なので、お会いできて嬉しかったです。

なお、最近のネット関連本ですと、小林弘人さんの『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』と、津田大介さんの『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術』がお薦めです。

堀江貴文「我が闘争」 藤田晋「起業家」

僕もツイッターやFacebookページを運用しているので、特に津田さんの『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す』はもの凄く役立ちました。例えば、

Q. 一般人がツイッターでフォロワーを増やす方法を教えてください。(『ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す』P100)

という項目があるんですが、自然にフォロワーを増やす4つのコツが書いてあって、フォロワーを増やしたい方に「必読」の内容となっています。僕も、この本にある具体的なアドバイスに従って下記のようなツイートを増やしたら、おかげさまで徐々にフォロワーが増えてきました!

※ Facebookページでは、ほぼ毎日麻雀ニュースを発信中です。FBユーザーの方、良かったら「ページのいいね!」をして頂けると嬉しいです。

なお、津田さんや堀江さんは「やりたい事が多くて、今は年に数えるほどしか麻雀やっていない」との事でしたが、今回の麻雀大会を、心から楽しまれているご様子でした。

[4] 漫画家・西原理恵子(さいばらりえこ)サイバラ雀士!

  • 麻雀・西原理恵子(さいばらりえこ)雀士
  • 麻雀・西原理恵子(さいばらりえこ)雀士
  • 麻雀・西原理恵子(さいばらりえこ)雀士
  • 麻雀・西原理恵子(さいばらりえこ)雀士
  • 麻雀・西原理恵子(さいばらりえこ)雀士

↑ 左右への画面スワイプでも切り替え可

最後4人目の著名人は、漫画家・西原理恵子さん。毎日新聞朝刊に週1回連載されている『毎日かあさん』は、「文化庁メディア芸術祭賞」 「第9回手塚治虫文化賞短編賞」「第40回日本漫画家協会賞参議院議長賞」などを受賞。テレビアニメ化や、実写映画化(主演:小泉今日子さん)もされていますね。

参加者の方々の中には、西原さんと「2ショット写真をお願いする方」や「サインをお願いする方」が多く、人気の高さを感じました。僕も、最近出版された料理本に貴重なサインして頂きました。

西原理恵子さん。サイバラ本サイン

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯』は写真が豊富な楽しい料理本。「ダイエットしたい編」も充実しているので、痩せたい方にもオススメです。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯

そして、西原さんと言えば麻雀漫画の『まあじゃんほうろうき』も非常に有名。登場人物も、小島武夫プロ、桜井章一さん、馬場裕一プロ、安藤満プロ、五十嵐毅プロなど豪華な方々が多数。20年以上前に出版されたので、若い世代の方はまだ未読かもしれませんが、面白いのでぜひチェックしてみて下さい!

※ 長くなってきましたがこのページは、もう少し続きます。麻雀業界のさらなる盛り上がりへ、良かったら「ツイート」「いいね!」「はてなブックマーク」などの応援をよろしくお願いします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加  Check  

▼ 大会は、毎回卓の組み合わせが変わる形式だったので、大勢の方が 著名人と同卓

われめDEタカポン

参加者の方々も、著名人の方が直接お誘いされただけあって魅力的な方ばかり。『経営コンサルタント・ニュースサイト社長・ゲーム会社社長・ベンチャー投資家・女優(撮影NGでしたが、すごい美女!)・俳優・弁護士・高校教師』など多彩な職業の方が集結しました。

われめDEタカポン

それにしても、堀江貴文さん、勝間和代さん、津田大介さん、西原理恵子さんと麻雀が打てるなんて贅沢ですね。普通は、この4人の皆様とは30分アポを取るだけでも難しいと思いますが、6時間ほど同じ時間を共有できて、参加者の方の満足度も非常に高かったように思います。

決勝戦は、プロも交えた真剣勝負!

われめDEタカポン

大会には、最高位・モンド王座など三つのタイトル保持者の、「三冠王」村上淳プロ(写真左)と、最高位と麻雀最強位を同時期に獲得した経験を持つ「最高で最強」張敏賢プロ(写真右)も参戦。

張プロは、大会運営者としてご活躍。現タイトルホルダーの村上プロは、見事に予選から勝ち上がって、「村上プロ & 勝間塾生3人」の決勝卓となりました。隣の卓で、著名人の方々の豪華なエキシビジョンマッチが行われる中、緊張感ただよう真剣勝負。

われめDEタカポン

決勝戦オーラスも連荘が続き、優勝の行方は最後まで分かりませんでしたが、見事に優勝したのは、勝間塾生の、はっしーさん(↓下記画像の雀豪)。勝間塾生の活躍が目立ち、堀江さんからは、「勝間塾って麻雀ばっかり教えてるんじゃないの(笑)」というツッコミも。

われめDEタカポン

優勝後のコメントでは「運が良かった」などと謙遜されてましたが、危険牌もかなり押していて、村上プロ相手に「攻めて勝ち取った」見事な優勝でした。

大会終了後の表彰式では上位入賞者の方などに、いろいろな景品も贈呈されました。堀江さん・勝間さん・津田さん・西原さんのご挨拶があったり、著名人の方の即席サイン会があったりと、非常に和気あいあいとした雰囲気で終了。

  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子
  • 【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子

↑ 左右への画面スワイプでも切り替え可

大会終了後も最後まで残っていた方々で、記念に集合写真も撮影。思い出に残る、充実した一日になったと思います。改めて、麻雀は良いコミュニケーションツールだなと、感じられる素敵な麻雀大会でした。

【麻雀】堀江貴文(ホリエモン)vs 勝間和代 vs 津田大介 vs 西原理恵子

貴重なサインを書いて頂いた、堀江さん・勝間さん・津田さん・西原さん。取材にご協力頂いた皆様、どうもありがとうございました!

このページをご覧になった、麻雀初心者の方が、

麻雀ってなんか楽しそう。 本格的に覚えてみたい!

と感じて頂けると嬉しいです。ご興味を持った方は、別ページの「 麻雀を覚える5つのメリット」などもぜひご覧下さい。

既に麻雀がお好きな方は、会社や学校などのお仲間と 親睦の麻雀大会を企画してみてはいかがでしょうか?

Page Top