初心者が覚えておきたい取り決め(基本編 Step.09)

 Check    はてなブックマーク

  ここまでの8ステップで、麻雀の概要を説明してきました。最後に、初心者が覚えておきたい9つの取り決めを確認してみましょう。

事前に確認しておきたい。9つの取り決め

麻雀は、本当に細かい取り決めが多いですが、ひとまずこの重要な9個を抑えておけば、ゲームを楽しむことができると思います。それでは、1つひとつ見て行きましょう。

1.東南戦か?東風戦か?

  ページ1でも、お伝えしましたが、東1局~南4局までを行う東南戦(とんなんせん)が基本です。半荘(はんちゃん)とも言い、1日で半荘4回を行う事が多いです。

ネット麻雀ゲームなどでは、時間があまりかからない事もあって、東1局~東4局までの東風戦(とんぷうせん)も人気があります。

2.何点持ちの、何点返しか?

  スタート時の持ち点(配給原点)は、25,000点スタートが主流で、終了時は30,000点を基準に計算する、25,000持ちの30,000点返しが基本となります。

25,000点持ちの30,000点返しとは、どういう事かというと、実質的に、1人マイナス5,000点の状態でスタートして、1着を取った人が、プラス20,000点のトップ賞(オカ)をもらえるという意味です。

このトップ賞(オカ)を採用しているルールでは、1着をとることが非常に重要になってきます。他に、27,000点持ちの30,000点返しや、30,000点持ちの30,000点返しを、採用している場合もあります。

3.順位ウマは、何点か?

  順位ウマとは、1ゲーム終了後の順位に対する点数の事で、5-10(ゴットー)、10-20(ワンツー)、10-30(ワンスリー)などがあります。

順位ウマ

ポイントは、4着が1着分を、3着が2着分を支払う点です。これは、さきほど確認したトップ(オカ)とは、全く別物なので、1着を取ると順位ウマの面でも大きなメリットがあります。4着をラスといいますが、ラスだけは避けたいですね。

4.連荘の条件はなにか?

  連荘(れんちゃん)とは、同じ親が続き、1本場、2本場と積み上げていく事ですが、アガリ連荘・テンパイ連荘というルールがあります。基本的には、テンパイ連荘です。

アガリ連荘・テンパイ連荘

なお、「テンパイしているけれど、役がない状態」の、形式テンパイはテンパイ扱いとするルールが主流です。親の時は、流局してもテンパイに持っていきたいですね。

オーラスのアガリ止めなどはあるか?

東南戦の南4局、東風戦の東4局を、オーラスといいますが、オーラスでどういう時にゲームが終了するかも、いろいろ決まりがあります。

アガリ止め

アガリ止めありが主流で、通常、親がアガって1着の時は、アガリ止めを行って、1着を確定させます。

なお、オーラスで流局した場合、親がテンパイなら連荘、ノーテンなら終了とするルールが一般的です。(たまに、オーラスの親だけノーテンでも終了としない取り決めもあります)

6.点数が無くなったら終了するか?

点数が無くなった状態を、「ハコシタ」「ハコ」「とび」「ぶっとび」「ドボン」などと言います。通常は、ハコシタ終了ルールが採用され、誰かの点数がマイナスになった場合は、すぐに終了となります。

なお、ハコシタ終了ルールには、「0点ぴったりの場合は、とびになる」「0点ぴったりの場合、とびにならない」ルールがあります。どちらが採用されているか、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

7.赤ドラはあるか?

赤ドラありなしは、麻雀の戦術が変わってくるほど、もの凄く重要なルールです。赤ドラとは、マンズ・ピンズ・ソーズの5に各1枚(合計3枚)、赤い牌を混ぜ、それを持っているとドラとするものです。(これは、ドラ表示牌とは関係なく、固定のドラとなります)

赤ドラ

赤ドラがない方が、麻雀の実力差が出やすいですが、赤ドラありだと、手が高くなる事が多いので、初心者には嬉しいルールと言えるかもしれません。実力勝負の麻雀大会等では、赤ドラが無い場合が多いです。

8.一発・裏ドラ・カンドラはあるか?

一発・裏ドラは、リーチに関するルールで、一発・裏ドラありが主流です。(役ページで、リーチについてご確認ください。)

参考: [役コーナー] リーチ 解説ページ

また、カンが発生した時に増える、カンドラあり・カン裏ドラありも主流です。

なお、たまにカンドラ即ノリという表現をする事があります。これは、カンが発生した瞬間にドラを増やすことで、通常は、カンドラ即ノリなので、気にしなくても構いません。(たまに、カンの種類によって、ドラを増やすタイミングを変えるルールもあります)

一発や裏ドラが無いほど、高い手が作りづらく、短期間で実力差が出やすいので、プロのタイトル戦などでは、一発・裏ドラが無い場合もあります。

9.アリアリルールか?

ありありや、なしなしというルールも、非常に大事なルールで、通常は、ありありルールとなります。

ありありの、最初のありは、「クイタンあり」、次のありは「後付けあり」の事です。(と言っても、最初は、よく分からないと思うので、詳しくは役の解説ページでご確認ください)

参考: [役コーナー] ありあり解説ページ

これまでの9ステップを覚えておけば、ひとまず「麻雀が一通りわかった」状態になると思います。後は、「基本的な役を覚えて、習うより慣れろ」で、たくさん麻雀をやってみて下さい!

細かいルールは、実践で覚えていけばOKですが、実践編として細かいルールも解説しているので、麻雀に慣れた頃に、確認してみて下さい。

後は、代表的な役を覚えて「習うより慣れろ」

← 8. フリテンとは    [9/9]    お疲れさまです!

Page Top