麻雀用語集

 Check    はてなブックマーク

十三不塔(しーさんぷとう)

  十三不塔とは、比較的有名なローカル役。麻雀におけるローカル役のひとつ。親の配牌または子の第一ツモ完了時に、刻子・順子がなく、搭子さえできていないバラバラの状態で、さらに、雀頭として対子がひとつだけある状態。取り決めによって、倍満や役満となる。

>>「し」一覧へ

Page Top