符計算が最大の山場(基本編.06)

 Check    はてなブックマーク

  いよいよ、符計算を徹底的に見ていきましょう。まず、符計算の公式で概要をおさらいしてみましょう。

符計算の公式

こちらの4点が全てで、点数計算をする度にこれを全部足して符を求める訳です。麻雀の符は必ず偶数で、32符でも40符。36符でも40符。と、一の位は必ず繰り上げになります。それでは、一つ一つじっくりみて行きましょう。

符計算0.必ずつく基本の20符

まずは、『基本符の20符』です。これは、どんな手でも必ずつくベースとなる20符です。ということで、麻雀の符は必ず20符以上になります。ちなみに、正式には副底(フーテイ)と言います。

符計算1.アガリ方に付く符

次に『アガリ方に付く符』ですが、ここでいうアガリ方とは、「ロンあがり or ツモあがり」・「メンゼン or 鳴いているか」が関係します。次の表で確認してみましょう。

アガリ方に付く符

これだけなんで簡単ですね。【メンゼンのロンあがりだと10符】(メンゼン加符とも言います)、鳴いているロンだと符は付きません。【ツモあがりだと常に2符】つきます。この点、勘違いしている人が多いんですが、ツモあがりは鳴いていても2符付くので注意して下さいね。

※ ただし、ピンフツモ時にツモ符の2符が付かないという例外があります。この例外に関しては、Step8で別途解説します。

符計算2.待ちの形に付く符

待ちの形とは、リャンメン待ち・シャンポン待ち・タンキ待ち・カンチャン待ち・ペンチャン待ちの5つを指します。複雑な多面待ちであっても、待ちの形はこの5つしかありません。待ちの形による点数は以下の通りです。

アガリ方に付く符

点数計算の特徴として「あがるのが・つくるのが難しい方が符が高くなる」傾向にあり、表のとおり、リャンメンとシャンポン待ちには符が付きませんが、【タンキ・カンチャン・ペンチャン待ちの時、2符】つきます。

この点も、間違えやすいのですが、シャンポン待ちは常に0符なので注意して下さい。

次は、符計算の4番目。「牌の組み合わせに付く符」をじっくり見てみましょう。

符計算ポイント

← 基本編[Step5]    [6/9]    基本編[Step7]→

Page Top